menu

沿革

1993/08

ウインテスト(有)を横浜市中区弁天通に設立

代表取締役 奈良 彰治(資本金 300万円)

1994/12

WTS-101A アモルファスTFT用アレイ自動検査装置を開発、販売開始

1995/06

横浜市中区花咲町に本店移転

WTS-103C  低温ポリシリコンTFTアレイ、CCD/LCD自動検査装置を開発

1995/07

株式会社に組織変更(資本金1,000万円)

1996/07

低温ポリシリコン、LCOSのアレイ検査装置WTS-103Cを出荷

1998/03

横浜市中区曙町に本店移転

売上高が前年比約4倍に

1999/05

資本金を4,000万円に増資

WTS-211 CCD/LCD自動検査装置を開発、販売開始

2000/03

海外(韓国、台湾)マーケットで営業開始

2000/07

有機ELディスプレイの評価装置及び評価方法の特許申請

2000/11

資本金を2億3500万円に増資(第三者割当増資)

2001/10

有機EL専用アレイ検査装置の出荷開始

2002/03

海外向け、低温ポリシリコン型液晶アレイ検査装置の出荷開始

2003/06

有機ELディスプレイの評価装置及び評価方法の特許が登録される

2003/09

株式会社東京証券取引所マザーズ市場上場

資本金を5億1,200万円に増資

2003/09

WTS-311 CCD/CMOSイメージセンサー/有機EL/LCD/LCOS自動検査装置を開発、販売開始

2004/02

アクティブマトリクス基板の検査方法及び検査装置の特許が登録される

2004/02

横浜市西区北幸に本社事務所移転

2005/08

WTS-700 アナログ・ミックスドシグナルIC自動検査装置を開発、販売開始

2006/07

海外向け、有機EL専用アレイ検査装置の出荷開始

2007/12

WTS-347 デジタル出力CMOSイメージセンサー自動検査装置を開発、販売開始

2008/04

第三者割当による新株式の発行

資本金を9億9,710万円に増資

2008/12

WTS-750/800 アナログ・ミックスドシグナルIC自動検査装置を開発、販売開始

2009/03

WTS-750/800用オプションHVU(2000V/30mA), HCU(500A/20V)を開発、販売開始

2009/12

WTS-577 LCD/PDP/有機ELドライバIC自動検査装置を販売開始

2010/04

横浜市西区平沼に本社事務所移転

2010/12

WTS-311NX ハイエンドCCD/CMOSイメージセンサー自動検査装置を開発、販売開始

2010/12

WTS-377 デジタル出力CMOSイメージセンサー自動検査装置を開発、販売開始

2013/05

台湾向け、LCDドライバIC検査装置の出荷開始

2014/10

中国向け、CMOSイメージセンサー自動検査装置の出荷開始

2014/11

東京証券取引所マザーズ市場から市場第二部へ市場変更

2015/8

山田電音株式会社より、LCD ドライバIC 検査装置の製造権並びに包括的な販売権を取得

2015/10

監査等委員会設置会社へ移行

2016/7

第三者割当による増資を目的に第6回及び第7回新株予約権発行

2017/5

オランジュ株式会社を子会社化、太陽光発電所のO&M事業に本格参入

2018/6

フィンランド アンフィオン社とのハイエンドスピーカー総代理店契約と販売開始