【4】取引先との関係
複数の取引先の中から購入先を選定する場合は、諸条件を公平に比較、評価し最適な取引先を決定しなければなりません。


≪多面的な関係≫

Wintestを取り巻く企業の中には、Wintestと多面的な取引関係を持つ企業もしばしばあります。エンド・ユーザーが競合他社であることも、購買取引先が競合他社になることもありえます。また、この業界に次々と現れる様々な種類の企業とも取引関係が多様になっています。たとえば、ハードウェア開発会社、ソフトウエア会社、保守会社、独立系プログラマー、その他、Wintestと競合し一方購買や販売面で関係することもあり得ます。取引関係がなんであれ、重要なことは、多面的な関係の各々の性質をよく理解し、それに応じて行動することです。


≪取引先の個人情報≫
Wintestは取引先の社員など、個人情報についてもプライバシーを守る姿勢を維持します。他社および個人の情報で、取扱いに注意を要するものを、業務上で使用する場合は、適切な目的・方法で使用し業務上知る必要のある社員以外に開示してはいけません。情報を出す場合でも、必要がない限り、社名や氏名などの身元を明かすものは伏せるべきです。また、開示する必要がなければ、一般化した形か、その他の方法で情報を提示するべきです。


≪賄賂・贈物・接待≫
* 業務上の接待・・・
役員等の承認があれば、食事や接待など、業務上の慣習的儀礼を行ったり、受けたりすることができます。ただし、その費用が妥当なもので、また法律や相手方の内規により禁止されていない場合に限ります。

* 贈物を受ける場合・・・
社員及びその家族は、取引先に金銭や贈物を求めることや受け取ってはいけません。ただし当社が特に禁じない限り、販売促進の為の個人会員向けのボーナスプログラムに基づくものなどについては受け取っても差し支えありません。また、安価な物品で他の企業向けにも慣例的に提供されているものについても差し支えありません。

* 贈物の報告・・・
贈物を提供された場合、その贈物が高価なもので普通の関係では贈られないもの、あるいは金銭の場合は、家に届けられたものであっても、職場に届けられたものであっても、すぐに役員に報告をしてください。その後役員を通して適宜な処理をします。



≪紹介料≫
Wintestの承認があれば、社員はWintestが認定をした協力会社などに対して、取引先などを紹介することが出来ますが、この場合は手数料や報酬などを一切うけてはいけません。


≪贈物をする場合≫

社員は、Wintestと相手方との取引関係に影響を及ぼす場合、あるいは影響を及ぼすおそれがある場合、その相手方の役員、社員、その家族などに金銭や贈物を送ってはいけません。ただし、Wintestの宣伝広告のような安価な贈物や、法律あるいはお客様の内規により禁じられていない贈物の場合に限り、贈答をしても差し支えありません。
close

Wintest Corp. Copyright (C) Wintest Corp. All rights Reserved.